大きな家

屋根塗装する際に下地のひび割れに注意!

多くの住宅は、建築から約10~15年で屋根材の劣化が目立ってきます。特に屋根材に元から塗装されていた塗膜が脱落したり、ひび割れが主な劣化です。
そして、屋根のメンテナンスとして、屋根塗装が一番費用の掛からない方法です。しかし、屋根塗装を行う際に土台となる屋根そのもののダメージを確認する必要があります。
屋根材表面の塗膜がひび割れていたり、脱落しているレベルの場合は塗装前に古い塗膜を剥離して新しい塗装をするだけで十分です。屋根材と塗膜の密着状態が良好な場合は、下地処理をせずに、屋根塗装を行うことが可能です。
しかし、屋根自体に深い傷があったり、広範囲に亘り屋根に破損等があるる場合は、屋根自体の補修が必要です。ダメージを受けている部分を補修し、キズを埋める、組みなおすといった作業が別途必要になる場合もあるので、留意しておきましょう。事前調査が充実している業者を選んでおけば、予めこうした追加費用を検討することも可能になるので、業者選びの際にはこうした点にも注目するとよいでしょう。そして補修した場所を周囲の屋根と平滑になるように仕上げた後、屋根塗装を行います。
もし、屋根自体のダメージを放置したまま、屋根塗装を行ってもメンテナンスに意味がありません。ダメージがある部分から塗膜の脱落や屋根のヒビ割れが進行し、住宅の構造自体に深刻なダメージを与える可能性があります。屋根塗装をする際は、必ず屋根の状態を専門業者へ確認してもらうことをオススメします。

LATEST INFORMATION

  • 最近の屋根塗装

    最近は、住宅自体の性能もあがってきており高気密高断熱住宅が増えてきました。夏は涼しく冬は暖かい室内にすることができその分エネルギーの消費を抑えてくれるというものです。エネルギ…

  • 屋根塗装の魅力

    ずっと自分の住んでいる家の外壁の汚さが気になっていました。やはり外壁が汚れていると、周りに対してのイメージは悪くなります。なので屋根塗装をする事によって周りに対してのイメージ…

  • 屋根塗装する際に下地のひび割れに注意!

    多くの住宅は、建築から約10~15年で屋根材の劣化が目立ってきます。特に屋根材に元から塗装されていた塗膜が脱落したり、ひび割れが主な劣化です。そして、屋根のメンテナン…

  • 東大阪で屋根塗装業者を選ぶ際は補償を重視する

    マイホームを購入してから、10年程経過すると屋根の劣化が目立ち、屋根塗装によるメンテナンスを検討される方が多いと思います。しかし、業者の多い東大阪では屋根塗装を依頼する業者は…

Copyright © 2016 屋根塗装をできるだけ安くすませるための方法とは All Rights Reserved.